『BEATLESS』豪華キャストが出演する人工音声を使用した新感覚ラジオ番組がスタート

MBSラジオとのコラボレーション番組、「BEATLESS~はっく・ざ・らじお~」が2月7日(水)から放送がスタートします。
綿密で壮大な世界観を生み出し続ける原作者・長谷敏司、そして豪華キャストと制作陣によるTVアニメ「BEATLESS」の世界観をラジオに持ち込み、出演声優によるトークやリスナーのメール投稿で「BEATLESS」の魅力を存分に伝えます。
また、「BEATLESS」は人間と“hIE”と呼ばれる人型ロボットが暮らす近未来世界を舞台にしているため、その設定を想定し人工音声を出演者として登場。人工音声はラジオ番組内の“hIE”としてナビゲーターを務めます。MBSラジオのレギュラー番組で人工音声を用いた本格的な演出を行う試みは、これがはじめてとなります。

■番組概要
タイトル:「BEATLESS~はっく・ざ・らじお~」

2018年2月7日(水)より、毎週水曜26時~26時30分放送

■出演者
小野早稀(遠藤ユカ役) 佐武宇綺(海内紫織役) 若井友希(村主オーリガ役)
鈴木健太(MBS元アナウンサー/アニメ「BEATLESS」宣伝担当)

■人工音声はNTTテクノクロス株式会社の「FutureVoice® Crayon」を利用します。
「FutureVoice® Crayon」は、最先端のAI技術(ディープラーニング)を利用した音声合成エンジンです。
コンタクトセンターでの自動音声案内や、音声対話サービスやロボットによる受付案内など幅広い活用が可能です。

【関連リンク】
公式HP:http://beatless-anime.jp

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る