『BEATLESS』渡来銀河役は神谷浩史、堤美佳役は花澤香菜に決定!さらにエリカ・バロウズの設定画を公開!

2月26日放送の『BEATLESS』第6話からミームフレーム社の社員である新キャラクター「渡来銀河」、「堤美佳」が登場!研究計画主任でありレイシア級の事件に深く関わる男、渡来銀河役を神谷浩史、行動管理プログラム企画課課長で、親しみやすい性格の堤美佳役を花澤香菜が演じます。 キャラクターの設定画も公開しました!
また、エリカ・バロウズの設定画も公開いたしました!

ミームフレーム社の重要キャラクター「渡来銀河」「堤美佳」が登場!キャラクター設定画も到着!

■渡来銀河 CV:神谷浩史
ミームフレーム社の研究計画主任。レイシア級の事件に深く関わる男。メトーデとオーナー契約を結び逃走したレイシア級hIEの捜索を行う。レイシアと関わりを持つ海内遼に近づき何かを企てている。

■堤美佳 CV:花澤香菜
ミームフレーム社の行動管理プログラム企画課課長。30代だが、口調が学生のようで親しみやすい性格。紫織と仲が良い。

さらに77年にわたる冷凍睡眠から2104年に目覚め、アラトのクラスメイトとなるエリカ・バロウズの設定画が公開されました。

■エリカ・バロウズ CV:陶山恵実里
バロウズ財団の理事長にして、メディアグループであるファビオンMGのCEO。2011年生まれ。アラトのクラスメイトになる。77年にわたる冷凍睡眠から2104年に目覚めた。レイシア級hIEのオーナーたちに、その戦いをオープン化するように提案する。

【関連リンク】
アニメ公式HP:http://beatless-anime.jp

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る