アニメ『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』第13話先行場面カット公開

アニメ『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』より第13話の先行場面カットが公開されました。

■第13話 カトリーエイルとドッペルゲンガー
ピアニストのサラとその執事のアルバートがカトリーの事務所にやってきた。「数日前から自分にそっくりな人間を何度も見かけ、気味が悪い」という依頼で、まさかドッペルゲンガーかも!?とカトリーは快諾。サラはピアノの発表会や音大で自分のドッペルゲンガーを見かけており、ドッペルゲンガーに出会うのは“死の予兆”と言われているせいか、最近は顔色が優れない。
早速、次の日ドッペルゲンガーに会ったというサラの音大に調査に来たカトリーたち。しかし、調査中にサラから「昨日の依頼のことは忘れてほしい」とお願いされてしまい…
カトリーたちはドッペルゲンガーのナゾを解明することが出来るのか!?

脚本:小峯裕之/絵コンテ:坂田純一/演出:村山靖/作画監督:山村俊了・櫻井拓郎・鳥山冬美

【関連サイト】
アニメ公式サイト:https://www.layton-anime.jp/

©LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る