【週刊少年マガジン】『ドメスティックな彼女』テレビアニメ化決定!原作者、キャストよりコメントも到着!

週刊少年マガジンにて連載中の、単行本累計300万部突破のラブストーリー作品『ドメスティックな彼女』のTVアニメ化が決定しました!
アニメ化発表に合わせて、橘瑠衣、橘陽菜、藤井夏生が描かれたティザービジュアル、メインスタッフ、キャスト情報を公開。

メインスタッフは、監督・井畑翔太、シリーズ構成・髙橋龍也、キャラクターデザイン・井出直美。そしてアニメーション制作を『風夏』『BEATLESS』などのディオメディアが担当。キャストは、橘瑠衣を内田真礼さん、橘陽菜を日笠陽子さん。お2人からのコメントも届いています。
さらに、原作者の流石景先生からのコメントも届いておりますので、こちらもぜひ御覧ください。

【キャスト・原作者コメント】
内田真礼(橘 瑠衣役)コメント

アニメーションになり、どんな風に物語が動いていくのか、私も楽しみです。ルイの心模様を、丁寧に演じていきたいと思っています!ドメカノ、よろしくお願いします!!

日笠陽子(橘 陽菜役)コメント
純愛を描いていて、その中でコミカルに表現される日常がとても温かく、男女問わず沢山の方に見て頂ける作品だと思います。ヒナは自分の心を隠せる大人の女性ですが、抑えられなくなる瞬間の心の機微を丁寧にお芝居できればと思っています。是非ご覧下さい!

流石景先生コメント
この度、拙作「ドメスティックな彼女」がアニメ化していただけることとなりました。皆様「この作品はメディア化無理だろう」と思ってらしたと思います。私も思ってました。しかしするんです!勇気ある放送局さんやスポンサーさんや携わって下さる方々のお陰で!!ありがとうございます!!是非作品の覚悟と色気と心意気を楽しんでいただけたらと思います!

【イントロダクション】
高校生の藤井夏生は、教師・橘陽菜へ密かに想いを寄せいていた。ふと誘われた合コンに参加した夏生は、そこで出会った橘瑠衣と、初対面で初体験をしてしまう。そんなとき、父が再婚することとなり、再婚相手が連れてきた子供が、なんと陽菜と瑠衣だった……ひとつ屋根の下で暮らすことになった3人の、ピュアで禁断過激な三角関係がスタートする。

【スタッフ】
原作:流石景『ドメスティックな彼女』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:井畑翔太
シリーズ構成:髙橋龍也
キャラクターデザイン:井出直美
アニメーション制作:ディオメディア

【キャスト】
橘 瑠衣:内田真礼 
橘 陽菜:日笠陽子

【関連サイト】
アニメティザーサイト:http://domekano-anime.com/
アニメ公式Twitter:@domekano_anime

©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る