アニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』Rhythmic Toy Worldオフィシャルインタビューが到着!

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)で連載中、コミックス累計発行部数1700万部超、渡辺航氏原作による自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちの戦いとドラマを描くTVアニメ『弱虫ペダル』。第4期シリーズ『弱虫ペダル GLORY LINE』がテレビ東京他にて絶賛放送中の中、2月14日(水)にオープニングテーマとなるRhythmic Toy Worldが歌う「僕の声」のCDが発売となりました。
そんな彼らの「弱虫ペダル」やオープニングテーマ「僕の声」に対する熱い想いを語ってもらいました。

Vocal,Guitar:内田 直孝 Guitar:岸 明平 Bass:須藤 憲太郎 Drums:磯村 貴宏

●TVアニメ『弱虫ペダル』第4期となる『弱虫ペダル GLORY LINE』のオープニング主題歌を担当することになりました。原作やアニメシリーズはご存じでしたか?
内田—もちろんです! TVアニメ1期などで『弱ペダ』の主題歌を担当したMAGIC OF LiFEは1番仲がいいくらいのバンドなので、そういう関係もあってアニメを見たりしてました。お話をもらってからは全員がドハマりしたという感じです。全員がなぜもっと早くこの作品に触れていなかったのか! と思ってます。

●内田さんは今も某人気声優さんのライブTシャツを着用するくらいで、アニソンも好きと言うことですが、今回のお話が来た時はどんなお気持ちでしたか?
内田—アニソンをいつかやるというのはひとつの夢だったので、オファーを頂くだけでも驚いたんですけど、その上『弱虫ペダル』だって言うじゃないですか。嘘でしょ?!(奇跡の反動で)明日死ぬんじゃねえか?! みたいな気持ちでした。喜びもひとしおです。

●皆さんはいかがでしたか?
須藤—めちゃくちゃテンションが上がりましたね。
岸—知らせが来たのがライブのリハ前なんですけど。
内田—そう!大阪でのワンマンライブのリハーサル前にうちのプロデューサーがマイクを持って急に「え~…」って何か言い始めるわけです。僕らは「え、酔ってる?(笑)」って茶化して聞いてたんですけど、『弱虫ペダル』の……オープニング(OP)に決定しました!」という言葉でふわーっとしちゃって(笑)。その時から早く曲作らなきゃ!って頭になってました。
岸—そこから『弱ペダ』アニメを見て、さっき内田も言ってましたけどドハマりして。今では会話の中に「ケイデンス(回転数)足りないんじゃないか?!」みたいに用語を入れまくってます(笑)。

●曲作りに取りかかるにあたってはどのようなオーダーを受けたのでしょうか?
内田—まず、楽曲だけでも十分立つようなもの、作品と化学反応するものにしてほしいというお話をいただきました。メロディーに関しては「夢を追いかける希望」といった要望も受けていて、詞は作品の内容に入り込む必要はない、とのことでした。だから作品を受け止めた上で、自分が作品から感じたー人ー人に伝えたい事ってどういうことなのかなというのを探して、この曲は作っていきました。

●演奏の中で皆さんが新しく挑戦したことはありますか?
岸—自分はイントロで音数を減らしたことです。他の曲はたくさん弾いたりしてしまうんですけど、今回はアニメの主題歌にもなると言うことでキャッチーさが引き立つように音符を減らしていく初めての挑戦でした。
内田—本当に一人でも多くの人に届けたかったんですよ。「このOPでよかった!」と思ってもらいたいじゃないですか。そのために出来る事がひとつでもあるならやろう、やらなきゃダメだよ! という思いだったので、歌えるイントロになるように1音1音、二人で探していきました。
磯村—あとテンポですね。今回みたいに8ビートでBPM200超えの曲を僕らは今まで1、2曲しかやったことがなかったんですけど、この曲は最初が200。それでも速いし自分たちの中でも踏み込んだつもりで作ったんですけど。
内田—もうちょっと速いのがいいのかなって。
磯村—そう、自分たちでもそう思ってたんですけど、実際「もうちょっと速い方がより良くなるかもしれない」とアニメサイドの音楽プロデューサーから提案を頂きました。
内田—確かに勢いは欲しかったので、200よりも上げたところすごく印象が変わった。これはめちゃくちゃおもしろい経験でしたね。

●リスナーにはどんな風に受け取ってもらいたいですか?
内田—僕個人としては、「これは自分への歌なんだ」と思ってもらえたらいいなと。この世界に生きている人ってそんなに強い人ばかりじゃなくて、何かきっかけがほしい、誰かに背中を押してほしい、そう思って生きてる人も多いんじゃないかって思うんです。そういう人たちが『弱虫ペダル』を見て、この曲を聴いて、自分への歌だと思って聞いてもらいたいし、それが僕らに繋がっていけばいいなと思います。
磯村–-小さい時に見ていたアニメのOPの印象ってすごく残ると思うんですよね。だから今、小学生だったり、それだけじゃなくてリアルタイムで見ている人たちが、何年後かに『弱虫ペダル』って言えばウチらのオープニングが浮かぶようになってくれたら理想的だなと思います。
須藤—僕もアニメが大好きで、昔から見ていたアニメの主題歌はすごく印象に残っていて。その曲だけでも人生が変わるというか、勇気をもらえて今でも聴いたら頑張れる。この曲もそういう曲になってくれたらなって思います。
岸—自分も結構アニソンを聴いてきて、好きになった曲もたくさんありますが、実際その曲を目当てでライブに足を運んだことはなかったんですよね。それぞれが感じているアニメの主題歌のストーリーを音楽を通して、肌で感じたり、一緒に共有できるのがライブだと思っています。今思えば行けばよかった。だからこの曲を聴いてぜひライブにも遊びに来てほしいです。そこでウチらは全力でぶつかりに行くので、「僕の声」をもっと好きになって欲しいし、大切な曲にして欲しいと思っています。
内田—そうだね。今、僕らはいろんなフェスに出させてもらっていて、その中で『弱虫ペダル』のお話をいただけたというのは本当に運命的なものを感じます。フェスってアニメの曲をやられてる方たちも出演されたりして、やっぱりアニメの曲は超アガるじゃないですか。だから僕らのことを全然知らない人たちからも「あの曲だ!」って聴いてもらえるかも知れない。そうしたら「僕の声」は僕らだけの曲じゃなくて、”みんなの歌”になれる気もしていて。その度に僕らは、「『弱虫ペダル』を一生大事にしていきたい」というこの気持ちをより大きくしていくんだろうなと思ってます。

●最後に皆さんへ向けて意気込みをお願いします。
内田—坂道くんがレースで追い上げる時に口ずさむ歌がありますが、みなさんにとって「僕の声」がそんな存在になったらいいなと思います。もう、あとひとふんばり、あと一歩前へ、そんな時にこの曲を口ずさんでほしいです。僕らは作品から感じたもの、作品に対する思い、パワーをこの曲に込めました。『弱虫ペダル』が好きな人はもっと好きになるような曲になったと思うので、作品ともどもよろしくお願いします!

メジャーデビューも決まってますます勢いに乗るRhythmic Toy Worldの「僕の声」、是非お聴きください!

※Rhythmic Toy Worldのインタビュー全文は、TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」公式サイト(http://yowapeda.com)にて掲載されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る