TVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」特別先行上映会in対馬イベントレポート

2018年7月10日(火)より、サンテレビ、TOKYO MXほかにて放送が開始されるTVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」が、その放送に先駆けて、6月30日(土)に特別先行上映会を長崎県対馬市交流センターにて開催しました。ComicWalker(KADOKAWA)にて好評連載中の漫画「アンゴルモア 元寇合戦記」(作:たかぎ七彦)を原作とする本作は、鎌倉時代の元寇を題材としており、対馬が物語の舞台という縁から今回のイベントが実現しました。

まず、イベント冒頭には、田村淳一郎プロデューサー(KADOKAWA)、そして対馬市長の比田勝尚喜氏の二人から挨拶が行われました。
田村プロデューサーは「訪れる度に好きになる魅力あふれる対馬のことをこの作品を通して多くの方々に知っていただきたい。」
比田勝市長からは「これを機に多くの方に対馬を訪れていただき、作品の世界を思う存分に楽しんでいただきたい」と対馬の魅力とアニメ放送に寄せる期待について語られました。

両名の挨拶後に、さっそく第1話「率土の最果て」の上映がスタート。
会場の大きなスクリーンに映し出される美しい対馬の風景や、息をのむ迫力の戦闘シーンが繰り広げられると、上映後には会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

そして、上映後の興奮も冷めやまぬ中、主人公・朽井迅三郎役の小野友樹さん、ヒロイン・輝日役のLynnさん、原作者のたかぎ七彦先生が登壇し、作品の見所や制作秘話などを語るトークショーが行われました。

まず初めに、上映された第1話を見た感想を尋ねられると、この日はじめて会場で第1話を観たというたかぎ先生は、迅三郎が激しく剣を振るう戦闘シーンに対して、「動きに迫力があって、あれ!こんなシーン描いたかな!?と思ってしまうぐらい興奮し、感動しました。」と語ると、「とにかく早く続きがみたいです!」と何度も繰り返す小野さん。
「こんなにすごい映像が出来るんだと驚いたとともに、興奮して震えました」とLynnさん。三者それぞれにその映像の出来栄えについて熱く語りました。

続いてキャラクターの話題になると、迅三郎に関して、「音響監督からかっこつけることはせずに、何百人もいる武士の中の一人のような、その他大勢の中の一人のような気持ちで演じて欲しいというディレクションがありました。」と迅三郎の演技について語る小野さんに対し、Lynnさんは「姫として気品があり凛々しくありながらも、本心では戦を好まない女の子という意味で、視聴者の目線に一番近いキャラクター。」と輝日の印象について語りました。

さらに、アフレコ時のエピソードについて尋ねられると、第1話で比田勝市長が特別出演していることが明かされました。会場の席で観覧していた市長に、急遽マイクが向けられると、「姫様が~!」という台詞をおらんだが、(おらぶ=対馬のことばで「叫ぶこと」)難しかったと語る比田勝市長に対し、「お腹から声が出ていてとっても上手でしたよ」と声優のお二人もその演技を称賛しました。

話題はご当地・対馬についてへと移り、たかぎ先生からは、対馬の元寇を題材にして本作を制作しようと思ったきっかけや取材で対馬を訪れた際のエピソードが語られました。
もともと元寇に興味があり、蒙古軍が対馬に滞在していた際の記述が教科書に無いことが気になって、調べていくうちに、流人達の記述や、宗助国の小茂田浜での戦いについて知り、さらに、実際に取材に訪れてみると、対馬には金田城をはじめとする、古代から近世にかけての大きな歴史の厚みが存在していることを知り、これをお話としてつなげて漫画を描きたいという気持ちが湧いてきたそう。

今回、初めて対馬を訪れた小野さんは、原作コミックでも描かれていた「穴子とアカムツ(のどぐろ)が美味しかった」と対馬のグルメについて語ると、4月に「アンゴルモア元寇合戦記を訪ねて」という本作の予告動画のロケで訪れたのに続いて2度目の対馬というLynnさんは、「景色もよく、美味しいものがたくさんで、島の方も温かく、対馬がとても好きになりました。
ロケで訪れた対馬野生生物保護センターにいるツシマヤマネコの福馬くんがとてもかわいかったです。」と、
会場にいる多くの地元の方の前で対馬愛をアピールしました。

また、この日のイベントを記念して、地元の学生から出演者へ記念品の贈呈も行われました。対馬に生息する国の天然記念物・ツシマヤマネコのぬいぐるみを手に、小野さんは「アフレコ現場の守り神として飾りたいと思います!」と語りました。

最後に、登壇者一人一人から会場の方へのメッセージが送られ、温かな空気と大きな拍手に包まれ先行上映会は終了しました。

【関連サイト】
公式HP:http://angolmois-anime.jp
公式Twitter:@angolmois_anime

©2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/アンゴルモア元寇合戦記製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る