角川シネマ新宿「細田守フィルムフェスティバル」開催記念 「時かけ」奥華子ミニライブ付きSP上映会レポート

細田守監督最新作『未来のミライ』公開を記念して、角川シネマ新宿で開催中の「細田守フィルムフェスティバル」。アニメ『時をかける少女』の主題歌を担当した奥華子さんのミニライブ付きスペシャル上映会が8月4日(土)に行われました。

アニメ『時をかける少女』上映後で感動の余韻に浸る観客の前に、主題歌&挿入歌を担当した奥華子さんが登場! 盛大な拍手で迎えられる中、『時をかける少女』の作品や楽曲に関するトークを繰り広げました。
人生を変える出来事だったと話す『時をかける少女』との出会いは、当時の担当プロデューサーが『時をかける少女』の予告編の音楽をレコーディングエンジニアとして参加していたことがきっかけで、細田監督の手にCDが渡り、主題歌に決定したとのエピソードには会場から驚きの声も。意外にも最初に制作されたのは後に挿入歌となった『変わらないもの』の方で、映画を観終わった後で青空を見上げたくなる作品にというリクエストに応えて、主題歌となる『ガーネット』が制作されたという楽曲の誕生秘話を語っていただきました。

そしていよいよ待望のライブパートに突入! 普段はキーボードでの弾き語りだが、今回は映画音源と同じにしてハンドマイクで楽曲を披露。1曲目は物語のキーとなる千晶をイメージして制作された挿入歌『変わらないもの』。
切なく、美しい音色に会場が包まれました。次の曲は主題歌となった『ガーネット』。ステージから客席に降り、観客一人ひとりと目を合わせながら優しく歌うメロディーに、感激して涙を流す人が続出するなど大盛況のイベントとなりました。
細田守監督最新作『未来のミライ』は、全国の劇場にて大ヒット公開中! そして『時をかける少女』をはじめとした細田守監督の過去作品上映「細田守フィルムフェスティバル」は角川シネマ新宿にて8月24日(金)まで開催中。
今も色褪せない名作を、この夏ぜひ角川シネマ新宿でお楽しみください。

【細田守フィルムフェスティバル】
劇場: 角川シネマ新宿(東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル4階)
開催期間: 7月28日(土)~ 8月24日(金)
入場料金:『時をかける少女』/『サマーウォーズ』/『おおかみこどもの雨と雪』/『バケモノの子』▷1,000円
『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』▷800円
角川シネマ新宿: http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/
<角川シネマ新宿5階で 「細田守監督作品フィルムワークスギャラリー」も同時開催(入場無料)>
※「細田守監督作品フィルムワークスギャラリー」は8月19日(日)終了予定です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る