【精霊使いの剣舞】「第1回精霊剣舞祭<ブレイドダンス>~品川剣舞~」イベントレポート

DSD_4178_edit


5月25日、東京・品川のJ-SQUARE品川にて、2014年7月より放送開始のTVアニメ「精霊使いの剣舞」の「第1回精霊剣舞祭<ブレイドダンス>~品川剣舞~」が開催された。このイベントでは、イメージソング「祝祭のエレメンタリア」とエンディングテーマ「精霊剣舞祭<ブレイドダンス>」を担当するユニット“にーそっくすす”が出演。

鉄壁のニーソックス”がキーアイテムの謎の絶対領域系キャラソンユニット“にーそっくすす”は、クレア・ルージュ役の木戸衣吹さん、リンスレット・ローレンフロスト役の優木かなさん、エリス・ファーレンガルト役の石上静香さん、フィアナ・レイ・オルデシア役の大西沙織さん、テルミヌス・エスト役の加隈亜衣さんの5名で構成されている。

そんな彼女たちが出演した本イベントの模様をお届けしよう。
まずは5人による影ナレからイベントが開幕し、“にーそっくすす”のメンバーがステージに登壇、ファンの方に挨拶を行った。そして木戸さんによる掛け声で、5人全員で「にーそっくすすです!」とポーズを取りながらユニット名をアピールすると拍手が喝采。
DSM_4457
DSM_4460

早速トークコーナーへ。このトークコーナーではテーマを元に、にーそっくすすのメンバーがスケッチブックも駆使しながら回答していくというもの。
最初のテーマは「お互いの呼び名を決めましょう!」ということで、各々の呼び方を答えて頂いた。

木戸衣吹「私の呼び名は、木戸ちゃんです(笑)」

優木かな「あだ名を絶賛募集中です。“ゆうきさん”もいるし、“かなさん”も沢山いるので、どうしようかなと思って。訳してみようと思ったのですが、ゆ~か……、あ! いる! と思って(苦笑)色々と考えた結果、にーそっくすす内では、(メンバーから)かな氏と呼ばれています」

石上静香「私は学生の頃から、しーちゃんて呼ばれているんですけど、しーちゃんは沢山いるので、静香の“ず”をとって、皆からは、ずっちって呼ばれています。ずっちって呼んで下さい!」

大西沙織「実は私だけこのメンバー内で統一されてないんです。さおりんとか大西さんとか、大西先生とか。一応三人からは、さおりんて呼ばれているつもりだったんですけど、この人(加隈さん)は、大西ちゃんていうのがベースで、最近は大西になってきてて(笑)だから好きなように呼んで下さい」

それを聞いた客席から「大西」コールが発生したが、加隈さんが「私しか大西って呼んじゃいけない。大西さんて呼べよ!」と観客にツッコミ。大西さんからは「大西ちゃんかさおりん、好きなように呼んで下さい」と改めてファンに呼び名を伝える形となった。

加隈亜衣「私は、加隈亜衣なので、くまちゃんと呼んで下さい。でも、だんだん年齢を重ねた後に、くまちゃんて言いたくないんだよね。まだ、にーそっくすす内であればメンタル的に大丈夫なはずなので、くまちゃんて呼んで下さい」

続いてのテーマは「改めて自分が演じるキャラクターを紹介して下さい」ということで、各々が演じるキャラクターについて語って頂いた。
DSM_4567
木戸衣吹「私が演じるクレアちゃんは、見た目は凄い愛らしくて美少女という設定ですが、非常に凶暴で怖い子でございます。でも心は凄く純粋で真っ直ぐなツンデレな女の子です」

DSM_4572
優木かな「リンスレット・ローレンフロストは名門貴族の令嬢で、クレアのライバル的存在で、お嫁さんにしたいナンバーワンです」

DSM_4585
石上静香「エリス・ファーレンガルトは、ギャップ萌えと一番お嫁さんに向いてるんじゃないかな。巨乳だし、萌えのポイントが半端無いですよね。実は先日アテレコが始まったのですが、公式HPに掲載されているボイスサンプルから、少しだけ声が凛々しくなって、かっこよくなっています。アニメお楽しみに!」

DSM_4600
大西沙織「フィアナちゃんは、オルデシア帝国の第二王女をやっていたのですが、ひょんなことからそうではなくなり、カミトたちがいる学園に転入してくるんですね。その謎はアニメをみて解き明かして頂ければと思います。また、一番お姉さんぽくて、ちょっと悪戯っぽい所もありつつの可愛い可愛いフィアナちゃんでございます」

加隈亜衣「エストは凄く綺麗な長い髪をしています。(スケッチブックを見せつつ)重点的に描いているのは足の部分で、全裸より素足の方が恥ずかしいという絶対ニーソを脱がないというキャラです。剣が描いてあるのは、剣の精霊だからです。誰の剣精霊なのかは、ぜひアニメの方で確認してください。あとは妹にしたいナンバーワンですね!」

続いてのテーマは「この中で私が一番○○である」。

木戸衣吹「この中で一番、私が耳掃除好きである!(このイベントが始まる前に)皆台本を真剣に読んで打ち合わせしているのに、私だけ耳掃除してました(笑)」

大西沙織「この中で私が一番、漫画読むの遅い。(ファンの皆さんは)私が水好きなのは知っているでしょ。そこは皆さんと共有したところなので、新しい一面として漫画を読むのが遅いことを明かしました(笑) SEを心の中で演じてしまったり、セリフの速度も自分で調整して声に出しちゃうので、漫画を読むのが一番遅いと思います」

加隈亜衣「この中で私が一番、キャラとの身長差がある。身長が高いのが若干コンプレックスだったんですけど、今回程、悔やんだことはないです。その分、声でエストちゃんを頑張りますのでアニメを観て下さい。よろしくお願いします」

石上静香「私がこの中で一番、真面目である。皆にしか言わないですけど……陰で凄いですよ、この人たち。止めてるの私ですからね。一番健全で真面目な私が止めています(笑)」

優木かな「私が一番、麻雀が上手い。5人いれば麻雀もできると思ってるから、生剣舞<ナマダン>でやりたいです」

続いてのテーマは「好きなニーソの柄を教えて下さい」。このテーマでは、手元のスケッチブックを使い、それぞれが好きなニーソの柄を描いていくというもの。

さっそく木戸さんが「猫が描いてある柄」と回答するが「ニーソックスじゃなくてタイツだよね」とメンバーからツッコミを受け、ショックの余り「ニーソだと思ってた」とボソリと呟く場面も。続いて優木さんは「普通の黒いニーソ」、大西さんは「ぷにぷになど存在しない」と回答。大西さんはメンバーから「何を言ってるの?」と疑問を投げかけられるが、食い込むのが嫌なのでダミーニーソみたいなものが一番良いとコメントしていた。

そして石上さんは、「秋とかによく履いてる人が多い、ひし形みたいなニーソ」(※アーガイル柄)と回答。メンバーから同意を得つつも、実は自分では履かないけど好きと明かした。

最後に加隈さんは「エストちゃんが履いたら何でもOKです」と回答し、客席から拍手が喝采。また、エスト可愛い命というニーソが出たらいいなとのことだが、メンバーからは、「(自分なら)履けないな」とコメント。それを聞いた加隈さんは客席を見つつ、「皆履くから」と宣言。突然の振りに会場全体でどよめきが起きるも、きっと履いてくれると語っていた。

最後のテーマは「エンディングテーマ「精霊剣舞祭<ブレイドダンス>」をズバリ一言で言うと」。本日お披露目となるエンディングテーマについて、それぞれ語って頂いた。

木戸衣吹「ズバリ一言でいうと“絆”! 悪に立ち向かっていく皆の絆が一つになるっていう熱い曲なので、絆が一番大事だなって思います」

大西沙織「ブレイドダンスは……“考えるな、感じろ!”。これは私たちの口で言うより、今日初お披露目だから皆さんに聴いて頂いて、感じて頂いて感想をどしどしどこかに送ってもらいたいなと」

加隈亜衣「“ニーハイ”。聴けば分かるさ、ダンスを見れば分かる」

優木かな「“感動する”。振付を教えて頂いている榊原ゆいさんが、これは凄く可愛い曲なんだけど最後はEDとかで流れたらちょっと感動しちゃうような振付、そしてメロディと言っていました。皆と盛り上げられるような曲調でもあるんだけど、感動する、ジーンとくるので是非でフルで聴いてほしい」

石上静香「ブレイドダンスは“右手いじめ”です。エレメンタリアに引き続き、右手をいじめていきます。是非皆さんでもりあがっていきましょう!」

DSM_4858
DSM_4979

続いてライブコーナーではイメージソング「祝祭のエレメンタリア」とエンディングテーマ「精霊剣舞祭<ブレイドダンス>」の2曲を披露。右手を使った振付を観客も行い、会場が一体となって大盛り上がりをみせた。そして告知コーナーでは、先行上映会や、精霊使いの生剣舞<ナマダン>第2回、MF文庫J「夏の学園祭2014」でのステージイベントの情報が発表された。最後に出演者が一言ずつコメントを残し、約200名ものファンの方が参加した本イベントは大盛況で幕を閉じた。


Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る