『アカメが斬る!』 新キャラクター・チェルシー(CV:名塚佳織)、 スサノオ(CV:浅沼晋太郎)登場!キャスト陣からオフィシャルコメント到着!

06_キャスト集合写真


現在、TOKYO MX、MBS、BS11ほかにて好評放送中、原作:タカヒロ、作画:田代哲也によるダークファンタジー『アカメが斬る!』(掲載:月刊「ガンガンJOKER」 スクウェア・エニックス刊)。腐敗した帝国の悪に立ち向かう殺し屋集団・ナイトレイドと、帝国最強の女将軍・エスデス率いる帝国軍との戦いが、より激化してゆき、10月には折り返し地点を迎え2クール目に突入!
放送がますます盛り上がる中、新キャラクターの登場が発表されました!自在に変身できる化粧品型の帝具「ガイアファンデーション」を操るチェルシー役に名塚佳織を起用!そして、人間の姿をした生物型帝具となるスサノオ役に浅沼晋太郎を起用!9月14日(日)より放送の第11話「マッドサイエンティストを斬る」より、本編で活躍いたします。

また、帝国軍のエスデスを演じる明坂聡美ほか、特殊警察イェーガーズに所属する花澤香菜(セリュー・ユビキタス役)、細谷佳正(ウェイブ役)、大橋彩香(クロメ役)、成田剣(Dr.スタイリッシュ役)、竹本英史(ボルス役)、間島淳司(ラン役)の7名のキャストよりオフィシャルコメントが到着!

さらに、10月からの第2クールエンディング・テーマのタイトルが「月灯り(つきあかり)」に決定いたしました。人気シンガーソングライター、沢井美空の作詞・作曲で、雨宮天が美しく歌い上げるエンディング・テーマになります。
新キャラクターの登場とともに、様々なニュースにご注目ください!

チェルシー&スサノオの設定画を公開!各キャストよりオフィシャルコメントが到着!
●チェルシー(CV:名塚佳織)

革命軍の別働部隊の生き残り。
自在に変身できる化粧品型の帝具「ガイアファンデーション」を操り、標的に接近して針で急所を狙う。
02_チェルシー_全身_s
<チェルシー役 名塚佳織オフィシャルコメント>
根底に流れているテーマは重く冷たく悲惨なものですが、それを覆してくれるキャラクターが集まり、不思議なPOPさを持っている作品だと思います。
チェルシーの明るさと本心が大好き!!皆さんにも好きになっていただけたら嬉しいです。

●スサノオ(CV:浅沼晋太郎)
人間の姿をした生物型帝具。
戦闘だけでなく、炊事・洗濯など家事も完璧にこなすことができる。
意外と細かい性格で、髪型や服装のちょっとした乱れなどが気になって仕方ない。
04_スサノオ_全身_s
<スサノオ役 浅沼晋太郎オフィシャルコメント>
どんどん勢いを増していく戦いの最中、この度、「スサノオ」としてナイトレイドに投入されることになりました!
強大な戦力としてはもちろんのこと、チームの癒しとしても力を発揮出来たらいいな、と思っています。
一生懸命頑張ります!よろしくお願い致します!……よし!

エスデスと特殊警察イェーガーズのキャスト陣よりオフィシャルコメント到着!
帝国軍のエスデスを演じる明坂聡美ほか、特殊警察イェーガーズに所属する花澤香菜(セリュー・ユビキタス役)、細谷佳正(ウェイブ役)、大橋彩香(クロメ役)、成田剣(Dr.スタイリッシュ役)、竹本英史(ボルス役)、間島淳司(ラン役)の7名のキャストより、TVアニメ『アカメが斬る!』をご覧の皆さまへのメッセージが到着!
なお、キャストインタビューの全文は公式サイト(http://akame.tv)で公開中です。

■エスデス役・明坂聡美
ナイトレイドにもイェーガーズにもどちらにも優しさや人間的な感情があって、どちらが悪とも言えない状況で戦っていくのですが、とにかく殺し合いなので色々な方が亡くなって行きます。推しキャラももしかしたら死んでしまうかもしれませんが(笑)、どちらにも感情移入をして観ていただけたら嬉しいです。

■セリュー・ユビキタス役・花澤香菜
原作を読まれている方はどういう展開になるか知っている状態で観てもらえると思うのですが、私も先を分かっているので、ギャグシーンや日常会話がすごく愛おしく感じています。ということはこれから一山あるぞということなので、この先の展開を知っている方も素晴らしいアクションシーンになっていると思いますし、役者さんの演技も楽しみにしていただけたらと思います。

■ウェイブ役・細谷佳正
イェーガーズとナイトレイドの目的がはっきりして対立することになったので、ここからが原作ファンの方からすると観てみたい展開なのではないかなと思います。国を守るために戦っている人たちと新たな国を作るために戦っている人の話は非常に面白いと思うので、対立を楽しみに観ていただけたらと思います。

■クロメ役・大橋彩香
ギャグにアクションに恋愛模様など色々なものが楽しめる作品なのですが、とうとうイェーガーズも登場しバトルも加速してくのではないかなと思います。今回はたまたま敵という立場でイェーガーズは登場するのですが、イェーガーズの皆も魅力的なキャラクターなのでぜひナイトレイドだけでなく両方応援していただけると嬉しいです。

■Dr.スタイリッシュ役・成田剣
ひとりひとりのキャラクターの個性の強さが際立っていて、それぞれのドラマ、生き様というものを感じて頂いて、我々が残した思いや目的を達するためどうしたのか?そういった気持ちなどを汲み取って貰えたら嬉しいです。

■ボルス役・竹本英史
今回たまたまナイトレイド側の描写になっているだけで、まかり間違えば『クロメが斬る!』でも良いような作品だと思います。お互いに正義があってお互いに背負っているものがあって、どちらが良い悪いではなく各々のキャラクターが一生懸命生きているなかで、その生き様死に様をファンの人に楽しんでいただけたら良いなと思います。今回たまたま我々は敵側として登場していますが、ナイトレイド側の人が死んだときに悲しむようにイェーガーズの人間が倒れた時には同じように悲しんで貰えたら良いなと思います。

■ラン役・間島淳司
正義や目的を持ってナイトレイドもイェーガーズも戦っていると思うのですが、この作品の面白さのひとつは完全な悪人がいないところだという気がしていて、一見正義側と戦っている敵に見える人も、根源にはそうなってしまった原因みたいなものがあり、その結果という形が描かれていて、完全な悪人がいないんですよね。イェーガーズサイドから言えば、その根源がなんなのか?みたいなものを探りながら観ていただけると違った楽しみ方ができるのかなと思います。

©タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る