『PSYCHO-PASS サイコパス 2』常守朱役・花澤香菜が語る最終回直前オフィシャルコメント

02_PP2_場面カット


現在、フジテレビ“ノイタミナ”他にてTVアニメ第2期が放送中の『PSYCHO-PASS サイコパス 2』。12月18日(木)の放送を皮切りに、最終回第11話「WHAT COLOR?」が各局にて順次放送になります。最終回に向け、主人公の常守朱役・花澤香菜さんのオフィシャルコメントが到着いたしました。アフレコを終えての感想や、シリーズを通して演じてきた常守朱というキャラクターについて、そして来年1月9日(金)より公開となる『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』に向けて、様々な想いを語ってくれました。

01_花澤香菜さん_s

―全11話のアフレコを終えた今の率直な感想を教えてください。
ホッとしました(笑)。「2」では1期に比べて朱ちゃんが背負うものがすごく大きくなって、私自身が朱ちゃんについて考えることも多くなって、収録している期間はずっと気持ちが張りつめていたというか。なので、収録が終わって、まずホッとしました。でも終わってしまってやっぱりさびしいですね。

―2期の収録に臨むうえで考えていたことはありますか?
2期では狡噛さんがいなくて、朱ちゃんがみんなを引っ張っていかなきゃいけない立場になって。1期で狡噛役の関(智一)さんが本当に素晴らしいお芝居をされていて、その背中を追ってやっていたというか。ああいう風に現場でできていたら一番いいんだろうな、と思っていました。下ネタを言うとかではなくて(笑)。

―朱は1期から2期ですごく成長している姿を見せてくれました。彼女を演じるうえで心がけていたことはありますか?
1期で演じていたことは私の中にちゃんと残っていて、そういう部分を大切にしながら、彼女がずっと持っている「心のきれいさ」とか「自分のことよりまず他人(ひと)のこと」というところとか、そういう大事な部分はちゃんと持っていようって思いながらやっていました。あと、2期は次から次へと事件が起こっていったので、それにどう正面から向き合っていくかを考えながら演じていましたね。

―2期では朱に降りかかるものもすごく大きく、重くなりましたよね。
はい。その中でも、やっぱりお婆ちゃんがああいうことになってしまったのがすごく重かったです。1期の時から、朱ちゃんがお婆ちゃん子だっていう設定はありました。いつか家族が登場するかも、ということを塩谷監督が匂わせていたんです。やっと心が休まる、素の朱ちゃんでいられる人が出てきた!と思ったら…。

―朱のPSYCHO-PASSを濁らせるために……。
そうですね。それと、4話で青柳さんが死んでしまった時の事件も…。朱も「なにをやっている!」って叫びました。1話で、爆弾犯をなんとか殺さないで逮捕しようとしていた朱の想い、それを踏みつけられたような気がして。あの時は苦しかったですね。

―そんな中でも朱は成長してきました。
はい。いっぱいいっぱいなところもありましたけど、すごく強くなりましたね。

―いよいよ最終回。視聴者の皆様にメッセージをお願いします。
これまで十分に重いものを背負ってきた朱ちゃんですが、最終回ではまたドーンとでっかいものを背負うことになるので、ぜひ最後まで、「2」の決着を見届けてもらいたいと思います。

―その劇場版が来年1月9日(金)に公開となります。
「2」の最終回を観た後にじっくり考えていただいて、そこから劇場版を観るとより楽しめると思います。それと、私は劇場版のシナリオを読んだときに「これが見たかったんだよ!」って思ったので、ぜひ観てください。

©サイコパス製作委員会


Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る