『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』キスショット役・坂本真綾登壇、初日前夜祭イベントレポート

8月18日(木)、公開前夜祭イベントを実施。公開を目前に控えた本イベントでは『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』本編の最速上映にと共に『傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉』ビデオリマスター版の上映を実施、「傷物語」の世界にどっぷりと浸かることのできる一夜となりました。さらに上映後の舞台挨拶には、本作のメインキャストとなるキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを演じる坂本真綾が登壇!第1部、第2部を続けて鑑賞したばかりで、興奮冷めやらぬ観客を前にし、本作の感想や、収録秘話、〈物語〉シリーズの魅力などを存分に語って頂きました。
最後に翌日の公開初日に向けて「何度でも観たくなる作品です。ぜひ劇場でこの衝撃を体感して頂きたいと思います」と本作をアピールし、大盛況のうちに舞台挨拶を終了致しました。

【坂本真綾コメント】
◆『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』を観た感想

試写会で完成版を事前に鑑賞させて頂いた際、上映後、拍手したい衝動にかられました。独特な感性を貫いているところが本作の魅力ですし、アフレコ時は映像が未完成だったのですが、完成形を拝見して、映像から受ける衝撃がアフレコの時よりも何百倍も凄かったです。

◆印象的なシーン
冒頭の雨のシーンがとても印象的でした。バケツに雨が溢れていく描写など、なぜかはわからないけれど好きでした。

◆本作の見所
本作ではキスショットが10歳、12歳、17歳という3つのバージョンで登場するのですが、成長するにつれて少女が大人びた表情を見せるようなミステリアスな可愛らしさが出せるようにアフレコに臨みました。映像でもキスショットの表情や動きから女性らしさを垣間見れてドキッとしました。

◆公開初日に向けて締めの挨拶
何度でも観たくなる作品ですし、私も劇場でみなさんと一緒にまた観たいと思っています。キスショットとして、みなさんの中にある原作のイメージと添えているのか不安になることもありますが、私なりに一生懸命頑張ってまいりますので、最後まで宜しくお願い致します。

【関連リンク】
『傷物語』公式サイト:http://kizumonogatari-movie.com

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る