アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」BD/DVD7巻収録の第13話はネプテューヌとピーシェの「その後」を描いたオリジナルエピソード

TVアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」のBD/DVD Vol.7が3月26日にリリースされるが、この巻に収録の未放送エピソード#13のあらすじと場面カットが公開された。気になる#13の内容は、オンエアでは明かされなかった、ネプテューヌとピーシェの「その後」を描く、完全オリジナルエピソード。


012

■第13話「約束の永遠(トゥルーエンド)」

脚本:ヤスカワショウゴ、絵コンテ:西田正義
演出:藤本ジ朗、作画監督:竹知仁美/森幸子/山田真也
女神の妹たちが皆、ある病気にかかってしまった。その特効薬になるという花を、手分けして探すことにした四女神たち。
ネプテューヌとベールは、次元を越えて「別次元のプラネテューヌ」にやってくる。
そこにはプルルートとピーシェ、そしてもう一人のノワール、ブラン、ベールがいて、一緒に冒険してくれることに……。

©2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る