ライブ・イベント『かどみゅ!2016』イベントレポート

KADOKAWAアニメを映像と音楽で体感するライブ・イベント『かどみゅ!2016』が2016年9月4日(日)、東京・NHKホールにて行われた。

開演すると、中央にある大スクリーンにKADOKAWAアニメ作品の映像が次々に流れ、集まったファンの期待感を煽る。
トップバッターのいとうかなこが登場し「Hacking to the Gate」を歌唱すると、客席中に赤いサイリウムの花が咲き、アニメの映像も会場の盛り上がりに拍車をかける。

yu7_0038

興奮さめやらぬ中、次に登場した鈴木このみがオーディエンスに手拍子を求めると、会場はさらなる熱狂に包まれた。そして、『棺姫のチャイカ』のヒロイン・チャイカをほうふつとさせる銀色のドレスに身を包んだ野水いおりが「DARAKENA」を熱唱した。続いてクラシックギターを手にしたオーイシマサヨシが緑色に染まったオーディエンスに向けてギターを軽快にかきならした。ここでTom-H@ckが呼び込まれ、O×Tのステージがスタート。ファンとのコールを楽しみながら「STRIDER’S HIGH」を披露した。

黒と赤のセクシーな着物で登場した原田ひとみは「回レ!雪月花」で見事な高速ラップを披露し、会場を熱狂の渦に巻き込むと、『NEW GAME!』から生まれた高田憂希・山口愛・戸田めぐみ・竹尾歩美によるフレッシュなユニット・fourfoliumのパフォーマンスに、会場の雰囲気はさながらアイドルイベントに。ファンの前では初披露となる「ググッとワーク☆彡」ほか全3曲を歌唱した。

『長門有希ちゃんの消失』の印象的な映像が流れた後、純白のドレス姿の茅原実里が「ありがとう、だいすき」をしっとりと歌い上げると、青いドレスに着替えた鈴木このみが再び登場し、疾走感あふれるナンバー「Love is MY RAIL」を披露した。

さらに続いて、フレッシュな中学生シンガー・花谷麻妃が登場。キュートなダンスで盛り上げると、『くまみこ』で主人公の雨宿まち役を演じる・日岡なつみとヒグマのナツが登場。「KUMAMIKO DANCING」を歌唱し、作品の舞台となる「熊出村」の村おこしに一役買っていた。「この日を楽しみにしていた」というMachicoは、自身初めてのアニメタイアップソング「fantastic dreamer」を熱唱した。

ここからは『ストライクウィッチーズ』シリーズのステージ。石田燿子がアニメ第1期OP主題歌「わたしにできること」を歌唱すると、サーニャ・V・リトヴャク役の門脇舞以、エイラ・イルマタル・ユーティライネン役の大橋歩夕が、作中さながらの仲の良さを見せ「SWEET DUET」を歌い上げた。トークコーナーではシークレットゲストとして10月放送予定の『ブレイブウィッチーズ』から雁淵ひかり役の加隈亜衣、アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン役の原由実が登場。今までのシリーズを振り返り、今作の見どころを語った。そして、石田が同OP主題歌「笑顔の魔法」を初披露し、場内をわかせた。

イベントも後半戦。西沢幸奏がギターを手に「吹雪」を歌唱し、野水いおりが「mieleparadiso」、原田ひとみが「Overdrive」、そして鈴木このみが「This game」とアッパーソングを次々に投下。そしてデビューから1年の注目のアーティスト・MYTH&ROIDが真っ赤に染まったステージで「Paradisus-Paradoxum」と「L.L.L.」を披露。ラストは茅原実里が「Paradise Lost」を熱唱し、3時間にわたるステージは幕を閉じた。

yu7_1274

なお、今回のイベントの模様は10月16日(日)にWOWOWで放送予定。
さらに今冬には「dアニメストア」でも配信が決定している。

©かどみゅ!製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る