神田明神にて等身大の管理人さんと一緒にヒットを祈願!『すのはら荘の管理人さん』ヒット祈願祭レポート

2018年7月5日(木)より放送開始となるTVアニメ『すのはら荘の管理人さん』。放送までいよいよ1週間を切った6月29日(金)には、神田明神にてヒット祈願祭が行われました。
イベントには春原彩花役の佐藤利奈さん、椎名亜樹役の喜多村英梨さんが登壇し、ヒットを祈願したほか、トークパートや「春原彩花・等身大フィギュア化プロジェクト」の初お披露目など、大盛況のうちに幕を下ろしました。本稿ではそんなヒット祈願祭の模様をお届けします!

平日にも関わらず、多くの“甘えん坊さん(ファン)”が集まった神田明神。イベントが始まると、拍手に迎えられながらキャストがステージに登壇。オープニングから軽快なトークが繰り広げられると早くもファンの表情には笑顔が見られ、和やかな雰囲気の中でトークショーがスタートしました。

まずは改めて二人が演じるキャラクターの紹介へ。佐藤さん演じる彩花は、亜樹をはじめ個性豊かな住人が集う学生寮・すのはら荘の管理人。温厚で誰に対しても優しく、家事も完璧にこなすお姉さん。

そんな彼女についての印象を聞かれた二人は「聖母、マリアだと思って見ています。お姉さんでもあり、お母さんでもありそうだけど……(佐藤)」「すべてを包み込む聖なる英知ですよ!(喜多村)」と息ぴったりに力説。佐藤さんは「私自身、彩花さんに憧れを持っています」と、彩花が持つ独特の柔らかさや包容力をアフレコの度にひしひしと感じているそう。

一方、喜多村さんが演じる亜樹は、すのはら荘に入寮した中学1年生の少年。男らしさを磨くため、すのはら荘で奮闘するものの、なかなか上手くいかない日々が続きます。

喜多村さんは「視聴者のみなさまにとってのプレイヤー目線となる存在です。原作を読んでいて、未熟なりに彼が一生懸命に頑張る姿は応援したくなりました」と、繊細かつピュアな亜樹の魅力を口にしました。加えて本作のことを、“おねショタ”ではなく“繊細なおねショタ”だとも熱弁し、会場のファンを大きく頷かせます。

また「素の自分に一番近いキャラクターは?」と尋ねられると「サトリナは彩花さんのまんまだと思うけどな!」と切り出す喜多村さん。しかし、佐藤さんは「世話を焼きたいからどちらかと言えばお姉ちゃんタイプだけど……決して彩花さんとまでは言えない……!」と、聖母にも負けない包容力の彩花と比較して苦笑いする一幕も。

ここで、かねてより発表されていた「春原彩花・等身大フィギュア化プロジェクト」より、等身大管理人さんがついに初披露! カウントダウンに合わせて佐藤さん、喜多村さんの手により除幕されると、まるでアニメから飛び出したかのような管理人さんの姿がそこに!! 客席からは「おぉ〜!」と感嘆の声が上がり、盛大な拍手が沸き起こりました。

そして、等身大管理人さんを祀りつつ、神職の立ち会いのもとでキャスト、委員会関係者によるヒット祈願を実施。もちろん会場に足を運んだファンも一緒に、TVアニメのヒット祈願を静かに込めていました。

トークパートが再開すると、ファンも気になるアフレコ現場の話題に。司会から現場の雰囲気を尋ねられた二人は、女子校というより本作のファンが集まったサークルのような存在だと回答。また、包容力に溢れるキャスト陣について、喜多村さんがその魅力を熱く語る場面も見られました。

なお、そんなアフレコ現場ではちょっとしたハプニングが起きてしまったそう。作中では、雪本柚子のことを「柚子ちゃん」と呼ぶ彩花。しかし、とある本番前のテストでは、佐藤さんが間違えて「柚子たん」と彩花ボイスで呼んでしまったようで、その可愛らしい言い間違いに喜多村さんは悶絶したことを明かし、会場の笑いを誘いました。

その後も、華やかなアフレコ現場の様子をはじめ、本作の話題でひとしきり盛り上がると、ここで残念ながら終了の時刻に。最後に当日来場した“甘えん坊さん”に向けて、メッセージを送ったところでイベントの幕を下ろしました。

【関連サイト】
アニメ公式サイト:http://sunoharasou-anime.com

©ねこうめ・一迅社 / すのはら荘の管理人さん製作委員会

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る